Webカメラ

Webカメラ

 

WEBカメラの種類

Webカメラ(ライブカメラ、ネットワークカメラ等ともいいます)は、撮影した画像をWebサーバーに保存し、外部からホームページを参照するのと同様に アクセスすると、その画像がブラウザに表示されるというものです。

ネットワークカメラは2014年のフードディフェンス、2015年の商店街への補助金等で店舗/小売と公共への設置が拡大しており、市場全体では25%前後の成長率で市場を拡大しています。

ネットワークカメラ・防犯カメラ業界のシェアデータ(2015年7月)

順位 メーカー シェア率
1 パナソニック 51%
2 CANON 11%
3 PLANEX 9%
4 IODATA 6%
5 アクシス 4%

ネットワークカメラの利用目的

ネットワークカメラ市場は、監視・防犯の用途にとどまらず、業務効率改善やサービス向上を目的とした、 マーケティング情報解析のツールとして、企業オフィス内、小売業の店舗、自治体への設置が進んでいます。

セキュリティ

・万引き防止

・従業員不正防止

・入退出管理

・防犯

業務効率改善

・遠隔管理

・見守り

・従業員教育

・クレーム対応

サービス向上

・コミュニケーションツール

・映像配信

ネットワークカメラの用語(各種機能について)

ハイビジョン(HD)高精細映像

ハイビジョンでの被写体を高精細に表示・記録できます。

防塵・防水機能

ハイレベルな防塵・防水仕様。屋外利用が可能。 (JIS(日本工業規格)、EC(国際電気標準会議)が定める、電気機器内への異物進入に対する保護等級(IP66)に対応)

暗視(IR)機能

カメラ周辺が一定の暗さになると、ナイトモードに自動切換え。暗闇でも赤外線による見やすい映像を表示・記録できます。夜間帯も約30Mの範囲まで記録できます。

パン・チルト・ズーム(PTZ)機能

・電動でレンズを左右(パン)、上下(チルト)方向に動かせます。1台で広範囲にモニタリングができます。 ※遠隔からも操作が可能です。

・遠くの対象をより大きく、見やすくモニタリングできる機能。画質の劣化が少ない光学ズーム、大きな倍率が 得られるデジタルズームがあります。

動体検知

連続する前後の画面の差分を検知し、録画を開始します。 ※HDDレコーダー(NVR)の機能で対応

 

 

ページトップへ